防犯ガラス

防犯ガラスは2枚のガラスの間に特殊なフィルムを挟んだガラスで衝撃に強い特徴を持っています。
街中でよく見かける網入りのガラスを防犯ガラスと思っておられる方が多数いらっしゃいますが、あれは防火設備の一種で熱でガラスが割れても飛び散らないようにするためのものです。

空き巣は基本的にはガラスを破って侵入を試みます。
お住まいのガラスを防犯ガラスに交換しておけば、大切なお住まいや資産はもちろん、ご家族の方々が被害に遭うのを防ぐことができます。

防犯ガラスとは

防犯ガラスは2枚のガラスの間に特殊なフィルムを挟み、加熱・圧着して耐久性を高めたガラスです。
サンドウィッチで例えると、中の具が特殊フィルムで具を挟むパンがガラスになります。

防犯ガラスはガラスを破って建物内に侵入者が入れないようにすることを目的に開発されました。
絶対に割れないということはありませんが、割れるまでにはかなりの時間をかせぐことができます。

なぜ防犯ガラスは空き巣被害に効果があるのか

警視庁が公表しているデータでは、空き巣の70%は5分以内に侵入できなければ諦めるとされています。

多くの防犯ガラスは5分、10分といった短時間で割れるようなつくりにはなっていません。
そのため、多くの空き巣は短時間でガラスを割ることができずに進入を諦めるケースが多いのです。

注意!網入りガラスに防犯性能はありません
網入りガラスは防火ガラスと呼ばれるもので、火事でガラスが割れてしまってもガラスが飛び散らないようになっています。
そのため網入りガラスには防犯効果は全くなく、耐久性は通常のガラスとほとんど変わりません。

防犯目的でガラスを交換しようとお考えの方は、網入りガラスではなく防犯ガラスをご検討ください。

玄関リフォーム、エクステリア、ガラス修理のことならF・G・K

【TEL】080-6189-8388/078-955-1078
【所在地】兵庫県神戸市北区南五葉6丁目7-7
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】神戸市を中心に阪神エリア(その他地域もお気軽にお問い合わせください)

一覧ページに戻る