断熱ガラス・真空ガラス・内窓

「冬場は窓際が寒く、夏場は暑い。」
「窓ガラスの結露が気になる。」
「外からの騒音が気になる。」
このようなお悩みをお持ちなら、断熱ガラス・真空ガラス・内窓の取り付けがおすすめです。

これらはそれぞれ断熱・防音・防湿を目的につくられていますので、取り付け・交換を行えば今の暮らしがさらに過ごしやすくなります。
ご相談だけでも大丈夫ですので、お気軽に当社までご連絡ください。

それぞれのガラスの特徴

■断熱ガラス
冬場の寒さ対策、夏場の暑さ対策に断熱ガラスが最適です。

通常のガラスは1層でできているので、冷暖房や結露による熱移動の影響を受けやすく断熱の効果はほとんどありません。
一方、断熱ガラスは複数の層でできており、熱移動を軽減させる効果があるため、1年を通して快適な空間で過ごすことができます。

■真空ガラス
2枚のガラスの間に真空の層を設けたガラスが真空ガラスです。
間に真空の層があることで熱を通さず、通常のガラスと比べると約4倍の断熱性能があります。

外部の温度に影響されず、室内を快適な温度に保つことができるようになります。

■内窓
二重サッシとも呼ばれるもので、室内側にもう1セット樹脂製の窓を取り付けます。

内側にもう1枚窓を追加することで、断熱性能や防音性能、防犯効果、結露防止など、住まいを快適にする機能を得ることができます。
断熱効果が高まることで空調に使用する電気料が減りますので、光熱費の削減にも効果があります。断熱ガラス
冬場の寒さ対策、夏場の暑さ対策に断熱ガラスが最適です。

通常のガラスは1層でできているので、冷暖房や結露による熱移動の影響を受けやすく断熱の効果はほとんどありません。
一方、断熱ガラスは複数の層でできており、熱移動を軽減させる効果があるため、1年を通して快適な空間で過ごすことができます。

玄関リフォーム、エクステリア、ガラス修理のことならF・G・K

【TEL】080-6189-8388/078-955-1078
【所在地】兵庫県神戸市北区南五葉6丁目7-7
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】神戸市を中心に阪神エリア(その他地域もお気軽にお問い合わせください)

一覧ページに戻る